調剤薬局

調剤薬局薬剤師の仕事内容は?給料は?

調剤薬局の薬剤師とは?

厚生労働省により医薬分業がすすめられ、外来患者の診察は医師、調剤は薬剤師という分業制を取るところが多くなりました。その結果、医療機関は院内で薬を患者に渡すのではなく、処方せんを患者に渡します。

患者はそれを調剤薬局に持って行き、処方通りの薬を手に入れることになります。調剤薬局の薬剤師は、簡単に言うと、医師の処方せん通りに正しく薬を渡すことが仕事です。

薬を間違いなく渡すために医師と患者の間に薬のプロである薬剤師を挟み、ミスが起こらないようにしているのです。

調剤薬局の薬剤師の仕事内容は?

調剤薬局の薬剤師の仕事内容は、主に3つに分かれます。「調剤」「監査」「投薬・薬歴記入」です。

調剤は処方せんを見てPTP・ヒート薬品などのピッキングをしたり、散剤・水剤の計量混合を行います。処方せんを見て疑問点がある場合には、処方をした医師に疑義紹介をしなければなりません。

過少・過量投与や薬剤名の間違い、現在服用中の薬との相互作用などといった理由で疑義紹介をかけることが多いです。監査は処方せん通りに薬が調剤されているかを確認します。

同じ人間が調剤と監査を行うと、思い込みなどによりミスが起きやすい状況になりますので、なるべく別の人間が監査を行うようにします。
投薬は患者に調剤された薬を渡します。

ただ薬を渡せばよいのではなく、患者の症状と処方されている薬が合致しているかの確認、薬効や副作用の説明、他の医療機関から処方されている薬の有無の確認などをします。

継続で服用を続けている患者に対しては、副作用の有無の確認を行います。薬歴記入は患者の処方内容や服用歴を記入します。

最近では電子薬歴を使用している薬局も多く、またSOAP形式を導入して薬歴の記載方法にルールを決める薬局もあります。また、在宅患者への訪問指導も最近は増えており、これも調剤薬局の薬剤師が担っています。

調剤薬局に転職する薬剤師の給料は?平均年収は?

薬剤師の業界では、職種によって年収が大きく異なるということは定説です。一般的に、病院勤務・調剤薬局勤務・ドラッグストア勤務という順で、年収が高くなると言われています。

それでは、調剤薬局に転職した場合の年収は、果たしていくらくらいもらえるのでしょうか。年収ラボのデータを見ると、調剤薬局の薬剤師の年収目安は約400万円〜650万円となっています。また、新人から勤めて勤続3年目で年収500万円程度が目安と言われています。

調剤薬局の給与は、経験年数だけではなく勤務する地域によっても大きく異なります。薬剤師が飽和してきていると言われる都市部や薬系大学が複数存在する地域は、収入が低めです。一方、薬剤師が不足している山間部や薬系大学がない地域は、薬剤師を呼ぶために収入を高く設定しているところも多いです。